CAR EXPENSE:

個人所有の車をビジネス目的で使用した場合


個人名義の車でも、ビジネス用途に使用した場合、経費として計上できます。


基本的に、自宅から仕事場までの移動は経費と認められませんが、例えば、仕事場から顧客先などへの移動に個人名義の車を使用した場合、経費として認められるので、個人の税務申告をする際に計上できます。


個人名義の車を以下のような用途に使用した場合も、かかった費用は、経費として認められます。


・仕事に使用する大きめ/多くの道具などを運ぶ際

・ビジネスカンファレンスなどに参加際の移動

・セカンドジョブを持っている場合、ファーストジョブの仕事場からセカンドジョブの仕事場への移動

・商品の配達、回収

など


控除額の計算には、2通りの方法があります。

(ビジネス用途に使用した走行距離の算出方法)


1. Cents per kilometre method

2. Logbook method


1.の場合は、1kmあたり66セントが控除として認められます。

この方法を選択した場合、5000kmまでであれば、特にビジネスに使ったという証拠がなくても構いません!!←ポイントです

ですが、どうやってkmを算出したかを、論理的に説明できるよう、記録は取っておく必要はあります。

5000kmを超える場合は、証拠となる記録を取る必要があります。


2.の場合は、ログブックを使うことによりkmを算出します。

どこからどこに移動したのか(住所を書く)、用途はなんだったのか、そのときに使用したkm(オドメーターを書く)、などをログブックに記入しておく方法です。


このログブックを12週間続けて取れば、その数字をその後も使用することができるんです!

ですので、まずは12週間、たくさんビジネス用途で使用すれば、、、ということですね。


事前に、ご自身の状況ならば、1.2.どちらの方法が有利なのかを、会計士/税理士に相談しておくと良いでしょう。

© 2019 by TMR GLOBAL GROUP

TEL:050-5532-6810(日本)

TEL:+61-7-5679-5983(オーストラリア)

Email:info@tmrglobal.jp

side_banner3_df.jpg